(2017/2/11 更新)

こんにちは!ぽんたこすです。

今所属している会社の教育計画の一環で、社員のスキルレベルの向上を目指して全社的に資格の取得を取っていこう!という取り組みが行われています。

その中で、わたくしはデータベーススペシャリストの有資格者であるという理由で、勉強会の講師的なことをしなくてはいけなくなってしまいました。

 

無給で(・´з`・)

 

このブログでもちょろちょろデータベーススペシャリストの記事を書いていますが、改めてデータベーススペシャリストの攻略記事を書いていこうかなと思っています。

※データベーススペシャリストとはデータベースエンジニアだけではなくインフラエンジニア、またはアプリ開発エンジニアにとっても仕事で使える知識を習得することができる資格です。転職にも非常に有効です。

 

データベーススペシャリスト勉強の流れ

 

中には例外もありますが、データベーススペシャリスト試験の勉強には順序があります。

 

最初に勉強すべきなのは午前Ⅱ試験です。

 

午前Ⅱ試験の内容は4択問題が25問出題されます。内容は20問がデータベース関連の問題。5題がデータベース以外の分野についての問題です。

なぜ午前Ⅱ問題を最初に勉強するのかというと、この午前Ⅱの勉強をすることでデータベーススペシャリストについての基礎を勉強することができます。

過去問を徹底的に解いて、午前問題Ⅱを難なく解くことができるようになれば、午後問題を解くうえで必要な知識を身に着けることができます。

 

午前Ⅱと同時進行で午前Ⅰも過去問だけひらすら勉強しましょう。毎日通勤時間などを利用して一日10問ずつ解いていけば、1か月もしたら午前Ⅰ問題は余裕です。

難しいのは午後Ⅱの勉強方法

やっぱコレなんですよねぇ・・・

データベーススペシャリスト試験で午前試験で落ちる人というのはほとんどいません。午後試験でつまずいて不合格となってしまう人が非常に多いです。

午後試験の難しいところというのは、きちんと問題文を理解しなくてはいけない点、そして頭の中にあるデータベースの知識をそのまま解答に反映できず、知識を応用して解答する必要があります。

具体的にどのように勉強したほうがいいかというのは、今後の記事で書いていこうと思います。

 

ってことで、ちょっくらデータベーススペシャリスト勉強ネタを集めていこうと思います。

 

データベーススペシャリスト合格のためのおすすめ書籍紹介
データベーススペシャリスト勉強記

 

にほんブログ村 資格ブログへ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村