色彩検定3級勉強記の目次はこちらのページからどうぞ!

こんにちは、ぽんたこすです。
色彩検定3級勉強記 過去問2015年冬期 問2を始めます。

◆色彩検定の過去問を解いて試験対策をしよう!

色彩検定は年に2回定期的に行われており、過去問も公開されています。他の資格試験と同じように、過去問を解くことによって、試験への対策をとることが可能であり、過去問を繰り返し解くことが最も効率のよい試験対策となります。ぽんたこす.JPでも色彩検定の過去問について掲載しますので、皆さまの試験対策として役立てていただけますと幸いです。

◆問題(2)


次の[ A ][ J ]の記述について、最も適切なものを、それぞれの①②③④からひとつ選びその番号をマークしなさい。

光源からの光は、自然光と人工光に分けられる。[ A ]は前者に属する。光が者に当たり、その光が眼に入ることによって、私たちは物の形や色を見ている。光の色はそれで照らされる物の色に影響する。図1~図4の分光分布において、図1は[ B ]である。この光の下では物の色が自然に見える。一方、図2の光は相対的に[ C ]成分が多いので、その光の下では物の色が全体的に赤みがかって見える。また、図3のの
光は図2と比べると[ D ]の成分が少ないので、全体的に少し青みがかって見える。図2、図3は順に[ E ]の光である。さらに
、図4の光は[ F ]の波長成分が極端に少ないので、その下では
全体的に緑みがかって見える。
一方、色のついたライトやフィルターを重ね合わせることで、様々な色をつくれることが知られている。例えば、色の異なる二つのライトを重ね合わせると、重なった部分は[ G ]別の色に見える。図5の例では[ H ]である。このような混色を[ I ]という。
これらの三原色は、一般的に[ J ]である。

A: ①白熱電球の光 ②蛍光ランプの光 ③水銀ランプの光 ④昼光

Aの解答を開く

B: ①昼間の太陽光 ②水銀ランプの光 ③白熱電球の光 ④蛍光ランプの光

Bの解答を開く

C: ①短波長 ②短~中波長 ③長波長 ④短~長波長

Cの解答を開く

D: ①青み ②緑み ③黄み ④赤み

Dの解答を開く

E: ①蛍光ランプ、白熱電球 ②白熱電球、蛍光ランプ ③蛍光ランプ、水銀ランプ ④水銀ランプ、蛍光ランプ

Eの解答を開く

F: ①青 ②青~青緑 ③黄~橙 ④赤

Fの解答を開く

G: ①もとの色より暗い ②もとの色の明るさを平均した ③もとの色より明るい ④明るい色から暗い色の明るさを減じた

Gの解答を開く

H:

Hの解答を開く

I: ①同時加法混色 ②併置加法混色 ③継時加法混色 ④減法混色

Iの解答を開く

J: ①赤・緑・黄 ②赤紫・黄・青 ③赤・緑・青 ④青緑・赤紫・黄

Jの解答を開く

すべての問題の解答を開く

◆関連リンク

色彩検定3級勉強記の目次はこちらのページからどうぞ!

色彩検定3級合格のためのおすすめ書籍こちらのページからどうぞ!

◆【転職サイト】大手求人/非公開求人数多数の転職サイトまとめ
◆【転職サイト】高収入を得られること間違いなしの転職サイト
◆【転職サイト】転職するだけでお金がもらえる!?豪華特典付転職サイト
◆【転職サイト】既卒/第二新卒向き転職サイトまとめ

にほんブログ村 資格ブログへ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村