オラクルマスターゴールド12c移行勉強記の目次はこちらのページからどうぞ!

こんにちは、ぽんたこすです。
今後備忘録やメモとして、覚えておきたい内容を列挙します。

オラクルマスターゴールド12c

◆マルチテナント・アーキテクチャの利用

マルチテナント・アーキテクチャを構成および使用するための条件
 ・Oracle Database 12c をインストールしていること
 ・データベースの互換性を 12.0.0 以上に設定していること※1

※1 互換性はCOMPATIBLE初期化パラメータで確認可能

◆データ・ディクショナリ・ビューの種類

①CDB_xxx
 すべてのコンテナの情報が含まれる。
 ルートおよび、すべての PDB の情報を確認することが可能。
②DBA_xxx
 ルートあるいは PDB 内のオブジェクトに関する情報
③ALL_xxx
 ユーザーがアクセス可能なオブジェクトに関する情報
④USER_xxx
 ユーザーが所有するオブジェクトに関する情報

◆接続先の確認方法
-- ルートに接続している場合の出力例
SQL> SHOW CON_NAME

CON_NAME
---------------------------
CDB$ROOT

-- PDB に接続している場合の出力例
SQL> SHOW CON_NAME
CON_NAME
---------------------------
pdb1

◆SRVCTL ユーティリティによるサービスの管理
-- サービスの作成(PDB でサービスに紐づける PDB を指定)
-- ポリシー管理のデータベースでは、-serverpool [SERVERPOOL] の指定が必要
$ srvctl add service -db [DBNAME] -service [SERVICE_NAME] -pdb [PDB_NAME]

-- サービスの起動
$ srvctl start service -db [DBNAME] -service [SERVICE_NAME]
-- サービスの停止
$ srvctl stop service -db [DBNAME] -service [SERVICE_NAME]

◆DBMS_SERVICE パッケージによるサービスの管理

・サービスの作成 (PDB に接続して実行する)

SQL> exec DBMS_SERVICE.CREATE_SERVICE('pdb1_srv1','pdb1_srv1');

・サービスの起動

SQL> exec DBMS_SERVICE.START_SERVICE('pdb1_srv1');

・サービスの停止

 exec DBMS_SERVICE.STOP_SERVICE('pdb1_srv1');

・サービスの削除

exec DBMS_SERVICE.DELETE_SERVICE('pdb1_srv1');
◆プラガブル・データベースのステータス管理

ルートへの接続時に PDB をオープンする場合の構文

SQL> ALTER PLUGGABLE DATABASE [PDB_NAME] OPEN [OPTIONAL_CLAUSE];

ルートへの接続時に PDB をクローズする場合の構文

ALTER PLUGGABLE DATABASE [PDB_NAME] CLOSE [OPTIONAL_CLAUSE];

には次の指定が可能
 オープン/クローズにおけるモードの指定
 制限付きモードの適用(オープン時のみ)

 オープン・モード に加えて、RESTRICTED モードをオプションとして指定可能
 ↑
 RESTRICTED SESSION 権限を持つユーザーのみ接続を許可
 オープン・モードにUPGRADE を指定した場合は、暗黙的に適用される

show pdbsのRESTRICTED列で確認可能

SQL> show pdbs

    CON_ID CON_NAME      OPEN MODE RESTRICTED
---------- ------------ ---------- ----------
         2 PDB$SEED     READ ONLY  NO
         3 HR           READ WRITE YES  -- 有効
         4 ERP          MOUNTED
         5 CRM          READ WRITE NO
◆プラガブル・データベースのクローズ

PDB のクローズ時には、NORMAL または IMMEDIATE で停止が行われる
PDB のクローズにおいて指定できるオプション
⇒ NORMAL(通常停止)
IMMEDIATE(即時停止)

◆プラガブル・データベース一括操作

PDB 名を複数記述する

SQL> ALTER PLUGGABLE DATABASE [PDB_NAME1, NAME2, NAME3] [ACTION];
SQL> ALTER PLUGGABLE DATABASE ALL [ACTION];
SQL> ALTER PLUGGABLE DATABASE ALL EXCEPT [PDB_NAME] [ACTION];

トリガーの設定により、PDB のオープンを自動化することも可能

-- startupトリガー設定例

CREATE OR REPLACE TRIGGER [TRIGGER_NAME]
AFTER STARTUP ON DATABASE
BEGIN
EXECUTE IMMEDIATE 'ALTER PLUGGABLE DATABASE ALL OPEN';
END;
/

オラクルマスター 12c GOLD 合格体験記こちらのページからどうぞ!

オラクルマスター試験対策のための書籍の紹介こちらのページからどうぞ!

資格でスキルを身に着けたあとは、転職でもいかかですか?
転職活動に関する情報こちらのページからどうぞ!

にほんブログ村 資格ブログへ にほんブログ村 資格ブログ IT系資格へ にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職情報・転職サイトへ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村 にほんブログ村